**食品工場で屋上防水エアーコントロール工法が施工されました。

2015/03/04 18:09 に アイレック管理者 が投稿



施工前 施工後

 

ソーラーJET脱気筒

 

**食品会社さんは、屋上防水の改修工事に、当社の屋上防水エアーコントロール工法を採用しました。この工法は、屋上に溜まる太陽熱を制御し、防水層表面が70℃でも、防水層内の温度は、外気温+2~3℃(40℃以下)にすることができ、屋上階下の大幅な温度低減が可能です。また、防水層内の水分を取ることにより、コンクリートを乾燥させ、躯体の長寿命化やカビ発生軽減などさまざまな効果があります。是非、ご検討下さい。 

小山高専(構造実験棟)が防水層内を換気するエアーコントロール工法を採用

2015/03/04 18:05 に アイレック管理者 が投稿   [ 2015/03/04 18:07 に更新しました ]



施工前


通気シート施工


塩ビシート防水工事


吸気筒・ソーラー電源強制排気ファン脱気筒
 

構造実験棟

 

小山高専は、当社と共同研究し、開発したソーラー電源強制排気ファン付脱気筒を、構造実験棟屋上に採用しました。施工は平成26年1月から2月にかけて実施し、今後は、データの取得・研究をさらに進めるべく、共同研究を実施したいと考えております。 

塩ビシート+エアーコントロール(AC)工法で施工。(約1,000㎡:民間工事:栃木県)

2015/03/04 18:02 に アイレック管理者 が投稿   [ 2015/03/04 18:03 に更新しました ]


既存改質アスファルト 通気層(コアコーン通気材)を施工



緩衝シートを施工後、IHディスク取付


新規塩ビシート施工
 
完成




ソーラーJET脱気筒
 

吸気筒

 

真岡市給食センター屋上防水改修工事(塩ビシート+ソーラーJET脱気筒)

2015/03/04 18:00 に アイレック管理者 が投稿



施工前の工法は塩ビシート


改修施工も塩ビシートを選択し完成

1-4 of 4