アスベスト問題

日本の高度成長期、すぐれた耐熱性・耐火性・吸音声・耐磨耗性などの特性を持った天然資源の石綿(アスベスト)が国の推奨の後押しを受け、建築資材や工業製品などに幅広く採用されました。しかし近年になって石綿粉じんの有害性が明らかになり、国もようやく各種法規制をし、専門業者による安全処置工事がなされるようになりました。

建築資材としての主な使用例
  • 耐火被覆材(柱・壁・梁など)
  • 保温材(壁・ダクト・煙突など)
  • 結露防止剤(鉄骨・屋根裏・壁)
  • 吸音材(壁面・天井など)
  • 断熱材(屋根裏・壁など)





空気中に飛散しているアスベストを吸入し、それが肺に蓄積され健康に外を及ぼします。従って、石綿が直ちに危険というわけではなく、劣化による石綿の飛散を封じ込めれば被害は抑えられます。




石綿飛散防止の効果的工法

石綿(アスベスト)は、それが持つ耐熱性・耐火性・吸音声・耐磨耗性・断熱性などの特性で、建築用途や工事用途等に大量に利用されてきましたが、近年になり、石綿粉じんの有害性が明らかになり、国レベルで各種法規制が行われ専門業者による安全化処理工事が進められています。
菊水化学工業株式会社は、石綿工事用薬剤、建築用仕上材、耐火被覆材等のメーカーであり、又、石綿処理工事についても、処理工法を確立し、早くから安全に処理工事を行うことでこの問題に取り組んでまいりました。
アスシール除去工法は、いち早く技術審査証明を取得し、数多くの実績でお客様に評価を得ています。この度、封じ込めについてもアスシール固化工法用材料の大臣認定を取得して、トータルでご要望にお応えしています。

石綿被害

現在、石綿が健康に与える悪影響について、石綿肺、肺がん、中皮腫等の疾病が確認されています。これらは、空気中に飛散しているアスベストを吸入し、肺に蓄積されることによって起こると言われています。
石綿があることが直ちに危険というわけではなく、劣化等により、飛散した石綿を吸入する事で健康に害を及ぼします。