既存劣化状況


各所に破損あり


施工完了
震災前の施工物件ですが、今回の震災による影響はまったくありませんでした。


既存塗膜の除去を行います。


塗膜が除去されて下地のALCの状態です。


フィラーを塗布します。


使用する材料
アイカ工業 JRB-20
建築用仕上塗材
この材料で補修から吹き付けまで一括しておこないます。


盤目地にスパンモルタルを充填します。

盤目地にスパンクロスを張ります。
目地にかかる応力を分散させる働きをもっています。


スパンクロスを施工したあとに、特殊ガラス繊維ネットを伏せこみます。


面全体にも特殊ガラス繊維ネットを伏せこみます。


伏せこみが完了しました。


仕上げ塗材を塗り付けます。
JRB-20
塗装下地の完了です。


一括して同じ材料を今度は吹き付けます。
JRB-20
同じ材料を使用できることで、材料のロスも少なくて済みます。


完了
ALCの盤目地は見えなくなり、意匠性の高い壁面となります。