築30年経過の瓦棒屋根の軒樋修繕工事を行いました。
経年劣化による腐食で孔があいてしまいました。
今回は、大規模な改修の予定がないため、少額修繕の
範囲でできる工事を行いました。

孔があき、雨が降るたびに室内が水浸しになっていました。

 

錆びや、汚れを落とします。

プライマーを塗布します。

自着層付の通気緩衝マットを張り付けます。

ウレタン塗膜防水材を塗布します。

平場はレベリング性能のある材料を流し込みます。

ウレタン流し込み完了